• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

快川紹喜の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1582]戦国時代の臨済宗の僧。美濃の人。俗姓、土岐氏。武田信玄に招かれ、甲斐 (かい) 恵林寺で禅風を伝えた。織田信長武田勝頼を攻めたとき、「心頭を滅却すれば火もまた涼し」と唱え、諸僧とともに兵火の中に没した。大通智勝国師。