• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

快慶の解説 - 小学館 大辞泉

鎌倉前期の仏師。号、安阿弥 (あんなみ) 。運慶の父康慶の弟子といわれる。作風は運慶の剛健な表現に対して、安阿弥様とよばれる理知的で流麗な形式美を見せ、後世の仏像様式に大きな影響を与えた。作品に浄土寺阿弥陀三尊像、東大寺僧形八幡神像、同寺南大門金剛力士像などのほか、多数の阿弥陀如来立像がある。生没年未詳。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉

出典:gooニュース