運慶の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1223]平安末期から鎌倉初期にかけての仏師。康慶の子。慶派の中心的仏師として活躍。豪放な力強さと写実に特色があり、鎌倉新様式を築いた。作品に東大寺南大門の金剛力士像、興福寺北円堂の無著像・世親像などがある。

鎌倉時代に活動した仏師。
没年月日
1224年1月3日

出典:青空文庫

出典:gooニュース