遍昭の解説 - 小学館 大辞泉

[816~890]平安前期の僧・歌人。六歌仙三十六歌仙の一人。俗名、良岑宗貞 (よしみねのむねさだ) 。桓武天皇の孫。良岑安世の子。素性 (そせい) の父。仁明天皇に仕えたが、天皇の崩御により出家。京都山科 (やましな) の花山に元慶寺を創建。歌は古今集などに収録。家集に「遍昭集」がある。花山僧正。

出典:青空文庫