• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

戸坂潤の解説 - 小学館 大辞泉

[1900~1945]哲学者・評論家。東京の生まれ。新カント学派から転じてマルクス主義哲学を研究し、唯物論研究会を創立、軍国主義に反対した。昭和13年(1938)検挙され、敗戦直前の8月9日に獄死。著「科学論」「日本イデオロギー論」。