文覚の解説 - 小学館 大辞泉

平安末期・鎌倉初期の真言宗の僧。俗名は遠藤盛遠。もと北面の武士で、誤って袈裟御前 (けさごぜん) を殺して出家。神護寺再興を強訴したため伊豆に流されたが、そこで源頼朝の挙兵を助け、頼朝開府後に神護寺を復興した。のち佐渡対馬 (つしま) に流され、九州で没したという。生没年未詳。

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉