• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

服部嵐雪の解説 - 小学館 大辞泉

[1654~1707]江戸前・中期の俳人。蕉門十哲の一人。江戸の人。名は治助 (はるすけ) 。通称、彦兵衛。別号、雪中庵など。武士から俳諧の宗匠となり、穏健な俳風で、江戸俳壇を其角 (きかく) と二分した。編著「其袋 (そのふくろ) 」「或時集 (あるときしゅう) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉