• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

横山白虹の解説 - 小学館 大辞泉

[1899~1983]俳人。東京の生まれ。本名、健夫。昭和2年(1927)より俳句雑誌「天の川」編集長を務め、同12年には「自鳴鐘 (とけい) 」を主宰して新興俳句運動を推し進めた。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉