• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

熊王丸の解説 - 小学館 大辞泉

南北朝時代の僧。赤松光範 (あかまつみつのり) の家臣、宇野六郎の子。父の仇敵である楠木正儀 (まさのり) を討とうと、その家臣となったが、かえって恩義を受ける。のち、自ら出家して往生院に赴き、正寛法師を名のった。阿若丸 (くまわかまる) 。生没年未詳。