• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

玄奘の解説 - 小学館 大辞泉

[602~664]中国、唐代の僧。法相宗の開祖。陳留(河南省)の人。仏教の真義を究めるため、627年(または629年)長安を出発、西域を経てインドに入り、那爛陀 (ならんだ) 寺の戒賢らに学び、インド各地の仏跡を訪ね、645年帰国。以後、原典から「大般若経」「瑜珈師地論」「倶舎論」などを翻訳、訳業は千巻に及ぶ。原典に忠実なその訳はそれまでの旧訳 (くやく) に対して新訳といわれる。旅行記「大唐西域記」は当時の諸地方を知る上で重要な資料。玄奘三蔵。三蔵法師。

[補説]後年、明代の長編小説「西遊記」の登場人物のモデルとなった。