• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

玄慧の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1350]南北朝時代の天台宗の僧。京都の人。字 (あざな) は健叟。別号、独清軒。禅宗・宋学にも通じ、後醍醐天皇の侍読をつとめた。のち、足利尊氏に用いられ、建武式目制定に参画。「太平記」の作者ともいわれる。げんね。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉