田宮虎彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1911~1988]小説家。東京の生まれ。庶民的なヒューマニズムに貫かれた多くの作品を書いた。作「足摺岬」「落城」「絵本」など。

田宮虎彦の解説 - SOCKETS人物データベース

人が人であることへの絶望感をモチーフに執筆活動をしていた小説家。
出生地
兵庫県神戸市
生年月日
1911年8月5日 しし座
没年月日
1988年4月9日(享年76歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉