• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

竹本義太夫の解説 - 小学館 大辞泉

(初世)[1651~1714]浄瑠璃の太夫。義太夫節の始祖。大坂の人。本名、五郎兵衛。初め清水 (きよみず) 理兵衛に播磨 (はりま) 節を学んで清水理太夫と名のったが、貞享元年(1684)大坂に竹本座を開設して竹本義太夫を名のり、元禄11年(1698)ごろに受領して竹本筑後掾 (ちくごのじょう) 藤原博教と称した。近松門左衛門を作者に迎えて操り芝居を興行し、人形浄瑠璃を大成。
(2世)[1691~1744]大坂の人。初世義太夫に師事。近松晩年の世話物などを初演。竹本政太夫を名のったが、享保19年(1734)2世義太夫を襲名。翌年、竹本上総少掾 (かずさのしょうじょう) を受領、のち竹本播磨少掾を再受領。