• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

粟田口国家の解説 - 小学館 大辞泉

鎌倉初期の刀工。名は弥九郎。京都の粟田口に移り住み、地名を家名とした。後鳥羽院の御番鍛冶と伝えられている。生没年未詳。