京都市東山区の地名。東山三条白川橋から蹴上 (けあげ) までの間。古来、京都七口の一で、東海道山科 (やましな) からの入り口をなす要地。

姓氏の一。

山城鍛冶 (かじ) の刀工の家名。京都の粟田口に住んだところから、この系統を粟田口派という。
大和絵の一派の家名。

狂言。粟田口が刀の銘であることを知らない大名と太郎冠者を、素破 (すっぱ) (詐欺師)が自分が粟田口だと言ってだます。