• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

良源の解説 - 小学館 大辞泉

[912~985]平安中期の天台宗の僧。近江 (おうみ) の人。勅諡 (ちょくし) 号、慈慧 (じえ) 大師。通称、元三 (がんざん) 大師・角 (つの) 大師・御廟大師。比叡山に入って顕密を学び、内供奉 (ないぐぶ) 十禅師・天台座主・大僧正と進み、比叡山を復興し、天台宗中興の祖とされる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉