良暹の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の歌人。比叡山の僧で、祇園 (ぎおん) 別当を務めた。その歌は後拾遺集以下の勅撰集に約30首入集。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉