• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菅江真澄の解説 - 小学館 大辞泉

[1754~1829]江戸後期の国学者・旅行家。三河の人。本名、白井秀雄。生涯の大半を信州・奥羽地方の旅に過ごし、民俗学上貴重な資料を多数著した。著「真澄遊覧記」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉