• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菟道稚郎子の解説 - 小学館 大辞泉

応神天皇の皇子。多くの典籍を学び、父の信任も厚く皇太子になったが、父帝の死後、兄の大鷦鷯尊 (おおさざきのみこと) (仁徳天皇)に皇位を譲るために自殺したという。