• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原冬嗣の解説 - 小学館 大辞泉

[775~826]平安初期の公卿。嵯峨天皇の親任を得、蔵人所 (くろうどどころ) 設置により蔵人頭となり、以後要職を歴任。「弘仁格式」「内裏式」などの撰修を行い、一族子弟のために勧学院を設けた。閑院左大臣。