• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

裏松固禅の解説 - 小学館 大辞泉

[1736~1804]江戸後期の有職 (ゆうそく) 故実家。京都の人。名は光世。固禅は法号。宝暦事件に連座し永蟄居 (えいちっきょ) 、以後故実研究に専念。天明8年(1788)内裏焼失の際、その研究が採用されて平安内裏が復元・再建された。著「大内裏図考証」「皇居年表」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉