• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

間宮林蔵の解説 - 小学館 大辞泉

[1780~1844]江戸後期の探検家。常陸 (ひたち) の人。名は倫宗 (ともむね) 。伊能忠敬らに測量術を学び、幕命により樺太(サハリン)を調査。さらに海峡を渡って黒竜江下流を探検し、樺太が島であることを確認した。のち密貿易などの調査に従事し、シーボルト事件を密告。著「東韃紀行」「北蝦夷図説」など。

間宮林蔵の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
常陸国筑波郡上平柳村(現・茨城県つくばみらい市)
生年月日
1780年
没年月日
1844年4月13日(享年64歳)