• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

間部詮房の解説 - 小学館 大辞泉

[1667~1720]江戸中期の側用人 (そばようにん) 。6代将軍徳川家宣の寵愛を受け、小姓から上野 (こうずけ) 高崎5万石の城主に昇進。新井白石とともに正徳の治を指導した。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉