1. 貴人のそば近くに仕えて、身の回りの雑用を務める役。また、寺院で、住職に仕える役。多くは少年で、男色の対象ともなった。

  1. 武家の職名。江戸幕府では若年寄の配下で、将軍身辺の雑用を務めた。

  1. 子供。少年。小冠者 (こかんじゃ) 。

    1. 「あれほどの、―一人を斬ればとて」〈謡・橋弁慶

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉