• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

関山慧玄の解説 - 小学館 大辞泉

[1277~1361]南北朝時代の臨済宗の僧。信濃の人。俗姓、高梨氏。鎌倉の建長寺に入り、のち、京都大徳寺宗峰妙超に師事し、その法を継承。妙心寺の開山となる。無相大師。