• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

関尹子の解説 - 小学館 大辞泉

中国、時代の秦 (しん) の伝説的な思想家。本名、尹喜 (いんき) 。函谷関 (かんこくかん) を守る役人であったので、つけられた名。その思想は「荘子」などに断片的に残っているのみで、著書「関尹子」は後世の偽作という。生没年未詳。