• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

関孫六の解説 - 小学館 大辞泉

室町後期、美濃の刀工。名は兼元。初代兼元に次ぐ2代目で、孫六は俗称。関に住んだ3代目と混同され、江戸時代に関の孫六と称されるようになったといわれる。刃文の三本杉が特色。生没年未詳。