• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陶山訥庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1658~1732]江戸中期の儒学者。対馬 (つしま) 藩士。別号、鈍翁。通称、庄右衛門。木下順庵に学ぶ。農政にすぐれ、対馬聖人と称された。著「訥庵雑録」「農政問答」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉