• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黄宗羲の解説 - 小学館 大辞泉

[1610~1695]中国、明末・清初の思想家・歴史学者。余姚 (よよう) (浙江 (せっこう) 省)の人。字 (あざな) は太沖 (たいちゅう) 。号、南雷。梨洲先生とよばれた。「明儒学案」を著して実証主義的な清朝史学の礎を築き、「明夷待訪録 (めいいたいほうろく) 」では為政者を批判、進歩的な政治主張を展開した。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉

[社会/社会関係の人物]カテゴリの言葉