出典:デジタル大辞泉(小学館)

イタヤガイ科の二枚貝。浅海の細砂底にすむ。貝殻はホタテガイに似て、殻長12センチくらい。右の殻は半球形にふくらみ、左はほぼ平ら。殻表に8~10本の放射状の肋 (ろく) がある。北海道南部から南に分布。貝柱は食用。右殻は杓子 (しゃくし) にする。杓子貝。 春》