出典:デジタル大辞泉(小学館)

弦楽器の一。長さ180センチ前後の中空の胴の上に絹製の弦を13本張り、柱 (じ) で音階を調節し、右手の指にはめた爪 (つめ) で演奏する。奈良時代に中国から伝来。雅楽用の楽箏 (がくそう) のほか、箏曲用の筑紫箏 (つくしごと) ・俗箏 (ぞくそう) などがある。→琴 (きん) 琴 (こと) 

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉