出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。摩訶陀 (まかだ) 国王の頻婆娑羅 (びんばしゃら) によって釈迦説法の地、霊鷲山 (りょうじゅせん) に建てられた2本の卒塔婆 (そとば) に示された語。1本には下乗と記し、王は乗り物からおりて歩き、もう1本には退凡と記し、凡人の立ち入りを禁じたという。この四字を制札に書いて寺院の門前に立てる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[四字熟語]カテゴリの言葉