だて‐もよう〔‐モヤウ〕【伊達模様】 の意味

  1. 江戸初期から中期にかけて流行した、小袖の大形のはでな模様。刺繍 (ししゅう) ・絞りなどを応用した。