1. 現在の和服のもととなった、袖口の小さく縫いつまっている衣服。平安末期ごろは貴族が装束の下に着る白絹の下着であったが、鎌倉時代になると一般に袖に丸みをつけて数枚を重ね着しはじめ、しだいに上着の性格を帯びていき、江戸時代には階層・男女を問わず広く用いられた。女性の間では室町時代以降、小袖袴 (はかま) 姿としての袴も除かれて着流しとなり、文様も華麗で、重ね小袖の上に羽織る打ち掛けの小袖なども生まれた。

  1. 大宝の衣服令で定められた、礼服大袖の下に着る筒袖盤領 (まるえり) の衣服。

  1. 絹の綿入れ。→布子 (ぬのこ) 

[生活/ファッション]カテゴリの言葉