《他の衣類の上から打ち掛けて着るところから》

  1. 着流し重ね小袖の上に羽織って着る小袖。近世の武家女性の礼服。公家の場合は掻取 (かいどり) と呼んで用い、町家でも、時に拝領と称して式服に用いた。現代では婚礼衣装に用いる。

    1. ㋐朝廷の儀式のとき、武官が束帯の上に着用したもの。長方形の錦 (にしき) の中央にある穴に頭を入れ、胸部と背部に当てて着る貫頭衣。裲襠 (りょうとう) 。

    2. ㋑舞楽の装束の一。形は2㋐に似る。蘭陵王 (らんりょうおう) 納曽利 (なそり) などの走り舞などに用いる。

  1. (打ち掛け)囲碁で、勝負がつかないまま、双方の合意で対局をいったん中断すること。

出典:青空文庫