出典:デジタル大辞泉(小学館)

難波江 (なにわえ) 」に同じ。[歌枕]

「―短き葦の節の間も逢はでこの世を過ぐしてよとや」〈新古今・恋一〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉