出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 膜翅 (まくし) 目のうち、アリを除く昆虫の総称。二対の膜質の翅 (はね) をもち、後ろ翅は小さく、前翅の後縁にかぎで連結される。産卵管の変化した毒針をもつものもある。完全変態をする。木の枝や軒先・地中などに巣を作り、花から蜜を集めたり他の昆虫を狩ったりする。社会生活を営むものでは、女王蜂雄蜂働き蜂などの階級があり、分業がみられる。ハナバチアシナガバチアナバチなど種類が非常に多い。 春》「一畠 (はたけ) まんまと―に住まれけり/一茶

  1. フサカサゴ科の海水魚。全長約10センチ。口が大きく、下あごに2本のひげをもつ。長い胸びれを外側に突き出して静かに泳ぐ。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[春/動物]の季語