• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふく‐りん【覆輪/伏輪】 の意味

  1. 甲冑 (かっちゅう) ・鞍・太刀・調度などを金・銀・錫 (すず) などで縁取りし、飾りや補強としたもの。→太刀
  1. 女性の着物の八つ口・袖口を別布で細く縁どったもの。

ふく‐りん【覆輪/伏輪】の慣用句

  1. 覆輪掛ける
    • 一層はなはだしくする。輪をかける。
      「京の人へ―・けて」〈滑・膝栗毛・五〉