出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《房のように多くのものが集まっているところからか》たくさん。一説に、みな、すべての意とも。
    1. 「射目 (いめ) 立てて跡見 (とみ) の岡辺のなでしこが花―手折り我 (わ) は持ちて行く奈良人のため」〈・一五四九〉

[形動ナリ]多いさま。おびただしいさま。
    1. 「馬どもなど、―に引き散らかいて、騒ぐ」〈かげろふ・中〉