出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 道理によって物事を判断する心の働き。論理的、概念的に思考する能力。

  1. 善悪・真偽などを正当に判断し、道徳や義務の意識を自分に与える能力。「理性を失ってつっ走る」

  1. カント哲学で、広義には先天的能力一般。狭義には悟性・感性から区別され、悟性の概念作用を原理的に統一・制御・体系化する無制約の認識能力。理念の能力。

  1. ヘーゲル哲学で、悟性が抽象的思考の能力であるのに対して、弁証法的な具体的思考の能力。

  1. 宇宙・人生をつかさどる基本原理。