出典:デジタル大辞泉

狂言。閻魔 (えんま) 王が六道の辻で亡者を待っていると、朝比奈三郎(義秀)が来るが、逆に負かされ、極楽浄土に案内させられる。