出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1665~1731]江戸中期の俳人。美濃の人。別号、獅子庵・東華坊など。蕉門の十哲の一人。師の没後は美濃派の一流を開いた。著「笈日記」「葛 (くず) の松原」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉