• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉住小三郎の解説 - 小学館 大辞泉

長唄唄方。

(初世)[1699~1753]摂津の人。唄浄瑠璃を得意とし、名人とうたわれた。
(4世)[1876~1972]3世杵屋六四郎(のち2世稀音家浄観 (きねやじょうかん) )とともに長唄研精会を創設し、純音楽としての長唄の普及に努めた。特に唄浄瑠璃風の曲に妙味を発揮。文化勲章受章。

吉住小三郎の解説 - SOCKETS人物データベース

歌手
出生地
東京都
生年月日
1876年12月15日 いて座
没年月日
1972年2月27日(享年95歳)
別表記
四世 吉住小三郎