• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉備真備の解説 - 小学館 大辞泉

[695~775]奈良時代の政治家・学者。本姓は下道 (しもつみち) 氏。吉備の豪族の出身。唐に留学、諸学を学ぶ。帰朝後、橘諸兄 (たちばなのもろえ) のもとで活躍。藤原仲麻呂に疎まれ筑前守に左遷。その後、再び渡唐。仲麻呂没落後、中央に帰り右大臣となる。律令の刪定 (さんてい) などに尽力。吉備大臣と称せられた。

吉備真備の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
備中国下道郡(現・岡山県倉敷市真備町)
生年月日
695年
没年月日
775年11月3日(享年80歳)