• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原仲麻呂の解説 - 小学館 大辞泉

[706~764]奈良時代の公卿。武智麻呂 (むちまろ) の二男。橘奈良麻呂の乱を未然に抑えて淳仁天皇を擁立し、恵美押勝 (えみのおしかつ) の名を受け、太師(太政大臣)となって権勢を振るった。のち、孝謙上皇道鏡を寵愛したため、これを除こうとして失敗し処刑された。