出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《もと、荒縄で巻いたところから》内臓を取って甘塩にするか薄い塩水に浸した鮭 (さけ) 。暮れの贈答品として用いる。あらまきざけ。 冬》

  1. わら葦 (あし) や竹の皮などで魚を巻いたもの。つと。すまき。

    1. 「鯛の―四、五巻ばかり、今朝持て来りて」〈今昔・二八・三〇〉