出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ある定まったやり方やかたち。方式。形式。型。「式に従う」

  1. 一定の作法にのっとって行う、あらたまった行事。儀式。「式を挙げる」

  1. 数学その他の科学で、文字や数を演算記号で結びつけ、ある関係や法則を表したもの。数式方程式化学式など。「式を立てる」

  1. 論理学で、三段論法を構成している命題の質や量の違いによって生じる諸種の形式。論式。

  1. 平安時代、律令および、その追加法令である格 (きゃく) の施行細則。延喜式など。

  1. 式神 (しきがみ) 」の略。

    1. 「陰陽師 (おんやうじ) を語らひて、―を伏せたりけるなり」〈宇治拾遺・二〉

  1. 事情。事柄。

    1. 「此の程の―をば身に替へても申し宥 (なだ) むべく候」〈太平記・一〇〉

  1. 名詞に付いて、型・様式・方法・種類などの意を表す。「日本式のあいさつ」「電動式」

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉