記録/筆録/実録/実記 の解説 - 小学館 類語例解辞典

記録/筆録/実録/実記 の共通する意味

事実はこうであったと後々まで伝えたい事柄を、そのまま書き記すこと。また、その書き記したもの。

英語表現 a record

国語辞書で調べる 記録 筆録 実録 実記

記録/筆録/実録/実記 の使い方

記録する
▽会議の記録をとる ▽出席者名を記録に残す ▽生まれた子の一部始終を記録する ▽記録映画
筆録する
▽先生の話を筆録する
実録
▽実録物 ▽第二次世界大戦の実録
実記
▽南極探検の実記

記録/筆録/実録/実記 の使い分け

「筆録」は、書いて残す意だけだが、「記録」は、テープに残すなど他の手段による場合も用いる。
「実録」「実記」は、書き記したものについていう。

記録/筆録/実録/実記 の関連語

手記
自分の体験や気持ちなどを体験者自らありのまま書き記すこと。[英]a note「獄中で手記を書く」「戦没学生の手記」

記録/筆録/実録/実記 の類語 - 日本語ワードネット

記録 の類語

認識された業績の蓄積 の意

極端な知識; (スポーツなどで)これまでに確認されている最高(または最悪)のパフォーマンス の意

記録(特に音声記録)をする行為 の意

記録を作成する; 永久的な形で書き留める の意

書面にする; テキスト、音楽作品などの の意

情報を提供する文書(特に公式自然の情報) の意

何かまたは誰かに関する周知の事実の収集物 の意

取引の法的な証拠として機能できるドキュメント の意

筆録 の類語

書面にする; テキスト、音楽作品などの の意

実録 の類語

情報を提供する文書(特に公式自然の情報) の意

実記 の類語

過去の出来事の記録または物語風の記述 の意

何かまたは誰かに関する周知の事実の収集物 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi