1. 槌として用いられた石器。日本では縄文弥生時代にわたってみられる。

  1. 地形 (じぎょう) に用いる大石。数本の縄を結びつけ、数人が力を合わせて上下させて、地面を固める。

石鎚山」の略。