永井荷風の長編小説。大正5~6年(1916~17)発表。新橋の芸妓駒代を主人公に、彼女をめぐるさまざまの男性を通して当時の風俗を描いた、近代花柳小説の代表作。

腕力または技量を比べること。

出典:青空文庫